女性

リフトアップで目の下のたるみ対策|失敗しない美容整形

目元の老化を治すプチ整形

女の人

肌から潤いが失われると、しわやたるみになります。目尻のしわや目の下のたるみも、筋肉の低下や潤い不足が引き起こします。しかし、今はプチ整形をすれば簡単に目元の若返りができます。サーマクールアイやPRP皮膚再生療法は、皮膚を切らないで若返りたい人にお勧めです。

詳しくはこちら

高周波でたるみ治療

美容整形

目立つ顔の部分だけではなく、サーマクールが得意とするあごの下も施術を行うことでフェイスラインがシャープになって若返り効果が高くなります。サーマクールは切らないで行えるたるみ治療であり、気軽に行えるだけではなくコラーゲン増加効果によって美肌効果やニキビ肌解消も期待出来ます。

詳しくはこちら

ほうれい線の美容整形

女性

美容整形でするほうれい線の消し方には、フェイスリフトやプチ整形があります。フェイスリフトは余った皮膚をリフトアップする外科手術です。プチ整形ではヒアルロン酸注入法、高周波や超音波治療などが効果的です。

詳しくはこちら

新しいリフトアップ整形

ウーマン

フェザーリフトの特徴

リフトアップによる目の下のたるみ改善治療は以前から美容外科で行われていますが、糸で筋肉や皮膚を引っ張る効果を持つ糸を注入する手術法が現在特に進化しつつあります。その中から、糸による治療法に従来はなかった効果を加えたフェザーリフトという治療の特徴を解説します。フェザーリフトは、体内に吸収される糸を目の下に注入してたるみを引き締める点では以前からある治療と変わりませんが、注入部位の周辺にあるコラーゲンの生成を促すという独特の効果があります。筋肉や皮膚を引っ張るのは物理的な治療法なので、糸が体内に吸収されると効果がすぐに切れるという短所がありましたが、コラーゲン量を増やすことでより大きく持続的な効果を期待できるのがフェザーリフト療法です。

2つの注入方法とは

目の下の筋肉と皮膚の引き締め効果、コラーゲン量を増やす効果を持つ糸を注入するフェザーリフト療法には主に2つの種類があります。たるみ治療のためには2種類の治療法を理解したうえで、医師と相談しながら希望する治療法を明確に伝えることが大切です。1つ目の治療法は皮膚を切開して糸を注入するフェザーリフトで、傷や腫れは数週間程度残るものの多くの糸を注入でき、細かいたるみを引き締めることもできます。もう1つの治療法である専用の注射器によるフェザーリフトは、効果の大きさや微調整は切開法が勝っていますが、傷跡や腫れが少なく化粧もすぐに可能というメリットがあります。以上2つのフェザーリフトを理解したうえで、術後の負担と効果の大きさを考慮して目の下のたるみ治療を受けましょう。